バイオロジカル歯科治療② 全身から口腔への悪影響の阻止

Photon Waveを用いた安全な解毒 点滴療法とサプリメント栄養療法による介入

KEY WORDS : 口腔の健康 = 全身の健康 遺伝子栄養学

コース概要 : 真の口腔の健康を得るためには、全身の健康があってこそです。なぜならば、口腔とそれ以外の臓器は血管、リンパ管そして神経で動的につながっているからです。例えば、糖尿病と歯周病の負の関係性は広く知られていますし、毒素や有害重金属が脳や肝臓などに蓄積すると臓器の機能障害が引き起こされ、結果的に口腔の健康が障害されます。あるいは、代謝に不可欠なビタミンやミネラルの過不足よって歯肉や歯槽骨を構成するコラーゲンが破壊されますし、ホルモンの過不足によって歯槽骨の骨密度が低下します。
バイオロジカル歯科治療②では、これらの口腔の健康に影響を与える全身の健康状態について調べ、Photon Waveを用いて安全に毒素を撤去し、点滴やサプリメントで介入する手法をお伝えします。

co4_1

ZRT TEST: 脳や肝臓など全身に蓄積した有害重金属のレベルを正確に調べる検査

co4_2

有害重金属を調べる検査にはさまざまな方法がありますが、その種類によって血液に検出しやすいものと尿で検出しやすいものがあります。したがって、血液と尿の両者を同時に調べなければ正確な分析はできません。

co4_3

新福泰弘歯科医師は、DNA SNPを用いた遺伝子栄養療法の 公認インストラクターです。

コース04は、Nutrigenomics SupervisorとしてSNPデータの 分析方法や分析結果に基づく栄養療法についてお伝えします。